★Ayuの英語とゴルフの成長日記★

家庭保育園、しちだ、パルキッズで育ち、英語の幼稚園に通うチビゴルファーに成長中♪

Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

手術の記録 

  さかのぼってしまいますが手術の記録を
  忘れないうちに残しておきます。

  10月29日 手術の為、入院。

  プリスクールのハロウィンパーティにも参加できず
  病院のハロウィンパーティも入院前に終了していて
  何もできなかったのですが、病院の先生から
  塗り絵のお面と、ハロウィンのお菓子を頂きました☆

  CIMG0137_20080228003929.jpg



   入院後の翌日が手術予定だったけど
   緊急手術の患者さんが入ったので延期。

   11月1日に手術予定となりました。

   前日の夜は、病院のご飯じゃなく、あゆの好きな
   カレー持ち込みして食べさせたっけ♪
   その後に、大好きなシュークリームも♪
   
   手術前日の為、シャワーでは
   全身消毒液のボディソープで体を洗うように
   指示されました。すごい色だったなぁ。。。


   
   手術当日は、手術室に入ってから
   麻酔や点滴をするとの事で何の準備もいらず。
   朝5時から、手術室に入る9時前まで
   水分は禁止。

   パパ、姉達、バアバ、ジイジ、じ~ちゃん、
   もちろん私も。みんな一緒に病院で待機。


   手術室に行くまで、パパとオモチャで遊んでました。
   この無邪気な笑顔が又見れるのか心配だったナ。。。

  CIMG0154.jpg


   午前9時前、抱っこしたままエレベーターに乗り
   手術室へ移動。

   手術室の看護士さん達に挨拶して
   病院で一人で寝る時用に毎日私と交換していた
   マイメロちゃんのぬいぐるみと、あゆを預ける。

   手術の事は、あゆには以前から話してあったので
   「今から手術やから頑張るねんで!」って
   話をしたっけ。。。

   「ママ~」って泣いてたけどね。


   それから、私達は待合室に移動。

   手術室では、麻酔や人口呼吸器など
   手術準備に1時間程かかり、
   (あゆは手術室に入ってすぐ寝かされます)

   手術自体は10時頃から、約3時間と聞いていました。

   私達は待合室で、塗り絵をしたり(大人用の)
   折り紙で、あゆの好きな物を作ったり。

   コレは、子供が手術をしたママさん達から
   心配して待つより、ボーッとしながらでも
   手を動かしている方が、気持ちが楽だと聞いていたので
   事前に用意していきました。

   手術終了予定の1時を過ぎても連絡なし。。。
   看護士さんが呼びに来てくれるはずなんだけど。
  
   さすがに、塗り絵とかしてられず・・・。
   私は待合室の外のソファーで待っていました。

   1時15分を過ぎ、30分を過ぎ・・・
  

   10時から1時までより、予定を過ぎた
   1時からの時間が、本当に長かった。
 
   素人の私には、手術中に何かあったから
   予定より遅れているのではないか?
   何か起こったんだろうか?
   どうして40分も遅れてるの??

   そんな不安がこみ上げてきて。。。

   40分を過ぎた時に我慢の限界が来て
   ナースステーションに聞きにいったけど
   まだ手術室から連絡が来ない。と。
  
   連絡が来たら、すぐ知らせに来て下さい。と
   頼んだ直後、手術室からの電話が鳴りました!

   無事、終了し、ICUに移ったので
   面会に来ていいですよ。と。

   私は、みんなの待つ待合室に走って戻り
   ICDで使う、あゆの荷物を抱え、ICUに向かいました。

   無事に終わったと聞いても顔を見るまでは安心できない。
   
   ICUに入ってからも、数分待たされたっけ。

   広い広い病院なので、ICUの中にも
   いくつもベッドがあり、ず~っと歩いていって
   やっと、あゆのベッドがありました。

   CIMG0160_convert_20080228010905.jpg

   
   

   顔色も普段と変わらず、無輸血で済みました。
   いつもと同じように寝てる感じだった。

   CIMG0158_convert_20080228011255.jpg

   
   顔の横にあるピンクのは、預けたマイメロちゃん。
   目を覚ました時に見えるように
   看護婦さんが置いてくれてました☆

   近くに行って、頭をなでながら顔を見ていたら
   看護婦さんが、「あゆちゃん頑張りましたね♪」と。

   その一言にポロポロっときてしまいました(涙)

   こんな小さいのに、本当に頑張ったなぁって。
   ちゃんと約束通り頑張ってくれたなぁって。

   首にされている点滴が痛々しかった。
   心臓に直接薬を送っているそうです。

   腕からの点滴だと中身の薬がキツイので
   腕の血管がボロボロになってしまうそう。


   
   その場で執刀した先生からの説明がありました。

   手術前は、心臓の穴が大きいので穴を
   直接縫い合わせるのではなく
   心臓の周りの心膜の一部を切り取って
   パッチのように縫い合わせる予定でしたが、
   実際、心臓を開けてみたら、穴は大きいが
   わりと細長かった事。
  
   なので、直接縫い合わせる事ができたらしい。
   余計な所をいじらずに済んだわけです。

   実際、心臓を止めていた時間は約20分間。
   その後の、人口心肺からの戻りも順調。
   
   傷跡も、女の子なので、丸首のTシャツなどでも
   見えないようにしました。との事。

   実際、あゆを執刀して下さった先生は、
   海外から日本に心臓手術を受けに来た子供達が
   たまに、ニュースなどに出ていますが、
   その子達を執刀した、トップレベルの先生です。
   
   
   そんな素晴らしい先生だけど
   すごく気さくで何でも質問できる、いい先生☆

   あゆが年頃のお姉ちゃんになった頃には
   傷跡もキレイに整形できるから心配いらないよ~とか。

   私達は、今手術が無事に終わった事だけで満足なのに
   先生は、そんな事ばかり喋る喋る(笑)

   ICUでは、わずか15分程の面会でした。

   あと2時間もすれば、麻酔から覚めて目を覚ますとの事。

   念の為に、あと1時間は病院内にいて、
   帰宅前にICUに状態だけ聞きに来てから帰って下さいと
   言われました。

   1時間後、まだ眠ってるとの事でしたが
   順調との事。午後3時半頃、みんなで帰宅しました。
  

   次にあゆに会えるのは、翌朝11時。
   順調であれば、ICUを出て、重症部屋という
   ナースステーションの内のベットに移れるとの事。

   
   もうすぐ目を覚ます、あゆは、一晩中
   水分を取る事もできません。

   夕方から翌日の昼前まで私とも会えません。

   大丈夫かな~・・・。という思いと、
   無事手術が終わった安心感と、
   そして、これからの看病を頑張らなくては、と
   いう思いが、頭の中を回っていた夜でした。


   あゆには、手術の数週間前から
   「手術の後は、傷が痛くなったり熱が出たり、
   気持ちが悪くなったりするから、
   おとなしくベットに寝ていないとダメなんだよ。

   ママは、その日は一緒にいれないけど(ICUの事)
   次の日には会いに行くから、おりこうで待っててね」

   と何回も言い聞かせていました。

   



   翌日、朝11時前に行くと、ICUを出て移動中。
   移動しているベットの横から、私が声をかけると
   ぼ~っとした表情で私を見つけます。

   そして一言。

   「なっちゃん(ジュース)、のみたい・・・」

   とても、か細い声なんですが、
   ICUにいた時から、看護士さんに言っていたそう。。。


   そして、看護士さんが、

   ICUのスタッフが、あゆの事を
   「2歳にしては、おりこうすぎる~~!」と
   すごく褒めていましたよ~!

   と言っていました。



   普通は、ママに会いたくなったり
   水分を欲しがったり、泣き喚いたりして
   スタッフも大変らしい。

   
   あゆは私との約束を覚えていてくれたようでした☆
   元気がなかっただけかもしれないけど(笑)



   水分制限は、1日に500cc。
   お茶、ジュース、牛乳など、全て入ります。

   心臓手術は、特に食べ物の制限はないのですが
   食欲はなかったので、好きな物だけ
   食べていれば問題ないと言われました。

   でも何にも食べなかったな。。。



   寝たきりなのでオムツ使用。
   おしっこの量も、毎回計らなくてはいけません。

   CIMG0165.jpg

   
   
   手術の翌日って、もっと元気なのかと思ったけど
   正直、ショック?というか驚きというか。。。

   動けない、首を動かすだけでも痛がるし
   熱は出てるし、手足もほとんど動かさない。

   か細い頃で、「ママ~・・・抱っこ・・」と
   よわよわしく泣くだけです。

   それ以外は、喋らないし笑いもしない。



   抱っこしようとしても、体中、線だらけ。

   鼻には酸素、腕には点滴2つ、反対の手には
   血液中の酸素を調べる線。
   あと、血圧に脈、心電図。

   心臓の周りの水や不要液を出す
   ホースのようなドレーンが胸に入っています。
   
   それに万が一の為の体外式ペースメーカーも
   心臓からつながっています。
   (不整脈が起きたときの為)

   
   抱っこするのに寝ている姿勢じゃないと
   痛がるし。
   傷口ももちろん痛いし、手術の為に切った
   胸骨も痛いらしい。

   それに線ははずれないようにしなくちゃだし。

   もちろん横抱きの赤ちゃん抱っこ。
   でも、5分も持たないんですよね。痛がって。

   首や背中の角度が変わっても痛がってダメだし
   横抱きが、あんなに大変だと思った事ナイ。。。

   で、またすぐベットに戻すんだけど
   それもまた一苦労。。。

   先生は、手術後一週間もすれば歩けるようになるって
   言ってたけど、一週間後に歩けるとは、とても思えない。


   「すぐ元気になるからね」
   「元気になったら前みたいにいっぱい遊べるからね」
   「早く元気になって、お家に帰ろうね」

   そんな事ばっかり、あゆに言ってたと思う。
   抱っこも、満足にしてあげられなくて・・・
   ただ、あゆを励ましていたと思います。
   
   でも、あゆは、必ず頷いてくれてました。
   それが、まだ救いだった。

   あゆ自身も、なんでこんなに、しんどいの?
   なんで動けないの?なんでこんなに痛いの?
   って思ってたと思うんですよね。。。たぶん。。。

   
   
   こんな状態を見て、いかに心臓手術という物が大変で
   体に負担がかかっているか改めて知りました。

   
   この状態の子供を夜、付き添っていられないのは
   不安だったけれど、私も体力勝負だった。

   付き添っている間は気が張ってるけど
   家に帰ると、どっと疲れて、あっという間に朝でした。
   


   続きは、また後日記録します☆

 

   
   
スポンサーサイト
2008/02/28 02:32 心房中隔欠損 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

あゆママ

Author:あゆママ
2004年12月産まれのAYU♪
3姉妹の末っ子
1歳過ぎから家庭保育園、七田、パルキッズ、絵本に囲まれ日々成長中☆
3歳前に先天性の心臓病手術も終わり、2歳から通っているプリスクール(英語幼稚園)では現在、年長クラスに在園♪
2歳から始めたゴルフは4歳から本格的に毎日練習中☆

いくつになったの?
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。